構成管理ツールfairy support runで行うサーバー管理入門
基本機能紹介3(パスワード、パスフレーズの暗号化)

準備

前回まではserver.propertiesにパスワードと秘密鍵のパスフレーズをそのまま書いていました
今回はパスワードと秘密鍵のパスフレーズを暗号化します
こちらからサンプルをダウンロードしてください

鍵の作成

下記コマンドで鍵を作成します

fairysupport_run.bat --keygenerate

./fairysupport_run.sh --keygenerate

ファイル構成
     |-- fairysupport_run
     |   |-- com_fairysupport_run.jar
     |   |-- env.txt
     |   |-- fairysupport_run_key.txt
     |   `-- server.properties.local

fairysupport_run_key.txtができました
これが暗号化復号化するための鍵となります

暗号化

作成した鍵を使ってserver.propertiesを暗号化してみましょう
kオプションに鍵を指定します
fオプションに暗号化したいファイルを指定します
oオプションに暗号化後のファイル名を指定します

fairysupport_run.bat -k fairysupport_run_key.txt -f server.properties -o server_enc.properties

./fairysupport_run.sh -k fairysupport_run_key.txt -f server.properties -o server_enc.properties

ファイル構成
     |-- fairysupport_run
     |   |-- com_fairysupport_run.jar
     |   |-- env.txt
     |   |-- fairysupport_run_key.txt
     |   |-- server.properties.local
     |   `-- server_enc.properties.local

server_enc.properties.localができました
password、passphraseは暗号化されています

暗号化ファイルを使ってfairy support runの実行

前回解説したmysql dumpを暗号化ファイルを使って実行してみましょう
kオプションに鍵の場所を相対パスで指定します
fオプションに暗号化したファイルの場所を相対パスで指定します

fairysupport_run.bat dump_db_get mysql -k fairysupport_run_key.txt -f server_enc.properties
./fairysupport_run.sh dump_db_get mysql -k fairysupport_run_key.txt -f server_enc.properties

dump_db配下を見てみましょう

ファイル構成
     |-- fairysupport_run
     |   |-- common
     |   |   |-- common.sh
     |   |   `-- db_user.sh
     |   |-- dump_db
     |   |   |-- server_enc_server1
     |   |   |   `-- mysql
     |   |   |      `-- YYYYMMDD_HHMMSS
     |   |   |         `-- mysqldump.sql
     |   |   `-- server_enc_server2
     |   |       `-- mysql
     |   |          `-- YYYYMMDD_HHMMSS
     |   |             `-- mysqldump.sql
     |   |-- dump_db_get
     |   |   |-- get.txt
     |   |   |-- include.txt
     |   |   `-- main.sh
     |   |-- com_fairysupport_run.jar
     |   |-- env.txt
     |   |-- fairysupport_run_key.txt
     |   `-- server_enc.properties.local
     |-- vagrant
     |   `-- Vagrantfile

dump_db配下にserver_enc_server1フォルダとserver_enc_server2フォルダが作成されmysql dumpの結果がダウンロードされているのがわかります


基本機能の紹介は以上です
次ページではfairy support runの使用例をサンプルからいくつか紹介します

目次