構成管理ツールfairy support runで行うサーバー管理入門
サンプル紹介(ユーザー関連)

準備

こちらからサンプルをダウンロードしてください
全て説明不要な簡単なものしかありませんが
いくつかを紹介します
ダウンロードしてきたサンプル内のvagrantフォルダに移動し
vagrant up
と入力して仮想環境を起動してください

ユーザー追加

newuserというユーザーを新たに作成します

fairysupport_run.bat useradd newuser

./fairysupport_run.sh useradd newuser

New password:と表示されるのでnewuserのパスワードを入力する
ユーザー追加完了です

公開鍵の設定

秘密鍵公開鍵のペアを用意してください(ここでは秘密鍵公開鍵の作成方法は割愛します)
sshkeyフォルダの中にpubkeyというフォルダを作成します
pubkeyフォルダにnewuserの公開鍵を入れます
公開鍵のファイル名をnewuserにします(公開鍵のファイル名をユーザー名にするということ)

ファイル構成
     |-- fairysupport_run
     |   |-- common
     |   |   `-- common.sh
     |   |-- sshkey
     |   |   |-- pubkey
     |   |   |   `-- newuser
     |   |   |-- include.txt
     |   |   `-- main.sh
     |   |-- com_fairysupport_run.jar
     |   |-- env.txt
     |   `-- server.properties.local
     |-- vagrant
     |   `-- Vagrantfile

実行します

fairysupport_run.bat sshkey

./fairysupport_run.sh sshkey

pubkey内のファイルが各ユーザーのホームディレクトリ配下の.ssh/authorized_keysになり
公開鍵認証でログインできるようになります

ユーザーをグループに追加する

新たに作成したnewuserをwheelグループに追加してみます

fairysupport_run.bat gpasswd newuser wheel

./fairysupport_run.sh gpasswd newuser whee

newuserがwheelグループに追加されました


次ページではサンプルからWebアプリの環境構築例を紹介します

目次