JavaScript フレームワーク fairy support js
ビルド

distWork

package.jsonにbuild_prd、build_stg、build_dev、build_localが定義されています。これがsrcからdistWorkを生成するscriptです
srcからdistWorkを生成するときに
package.jsonでfairysupport_jsに与えられている環境と、src/js/env配下のenvValue.json、envValue.{環境}.jsonをsrc/js/modules配下のjsに組み込んでいます
src/js/msg/配下のmsg.json、msg.{言語}.jsonを親ディレクトリから子ディレクトリへマージしています
src/js/components配下のenvValue.json、envValue.{環境}.jsonとview.htmlをsrc/js/components配下のcontroller.jsに組み込んでいます
src/js/components配下のmsg.json、msg.{言語}.jsonを親ディレクトリから子ディレクトリへマージしています
src/css配下のapp.cssを親ディレクトリから子ディレクトリへマージしています
src/page配下のファイルで$frameを使用している場合、src/frame配下のhtmlとsrc/page配下のファイルをマージします
src/page配下のファイル、src/frame配下のhtml、src/embed配下のhtmlで$embedを使用している場合、src/embed配下のhtmlをマージします
src/js、src/page、src/css配下のファイルで$envValueを使用している場合、src/env配下のenvValue.json、envValue.{環境}.jsonで置換します
app.cssをsrc/pageとマージします
src/js、src/page、src/css配下のファイルで$imgを使用している場合、src/img配下の画像で置換します
distWork配下にfairysupport.min.jsを生成します


dist

package.jsonがあるディレクトリにコマンドラインで移動

npm run minify

package.jsonを見ていただければわかりますが、minifyはgruntを実行してファイルを圧縮してdistWorkからdistへコピーしているだけです
設定はGruntfile.jsに書いてあります。圧縮ツールは何を使ってもかまいません
distディレクトリが最終生成物になります


次ページその他

目次